枚方市、「ラポールひらかた」隣接地に文化芸術施設建設へ 2020年度の完成目指す

枚方市は6月5日に行われた定例記者会見の中で、新たな文化芸術の拠点となる「(仮称)総合文化芸術センター」の基本設計を発表した。 1971(昭和46)年に建設された枚方市民会館の老朽化に伴い、新たに建設を計画する同施設。京阪枚方市駅北口側のラポールひらかた(枚方市新町2)に隣接。敷地面積は約1万3300平方メートル。 地上4階・地下1階で建築面積約6600平方メートルの館内には、大ホール、小ホール、イベントホール、美術ギャラリーを配置。大ホール(約1500席)は舞台面積約320平方メートルで、現在の市民 ...