田辺中央北側、文化・商業施設核に市街地整備へ 京都・京田辺市

京都府京田辺市は2日までに、同市田辺の田辺中央北側地区を、文化施設や大型商業施設を核とした新市街地として整備する方針を決めた。年度内に基本構想をまとめ、事業手法などを検討する。 同地区は、府田辺総合庁舎の北にあり約15万平方メートル。現在は市街化調整区域になっている。JR京田辺駅と近鉄新田辺駅に近く、市役所南にある中央公民館の移転候補地の一つにもなっていた。 府が昨年5月に決めた「綴喜都市計画」で、両駅周辺について「公共施設、商業・業務地、住宅地として計画的な市街地整備の見通しが明らかになった時点で市 ...