小田原市 市民ホール整備、要求水準を発表 /神奈川

小田原市は29日、2021年度中のオープンを目指す市民ホールについて、整備事業者を選定するための要求水準書案を発表した。ホールの機能や規模を示すもので、6月4日に開く市民説明会と整備推進委員会(委員長=佐藤滋・早稲田大研究院教授)の意見を反映させた上で、デザインとプランの提案を募集する。 発表によると、設計料を含む建設費は上限63億円。公募から1次審査で3社に絞り込み、2次審査で優先交渉権者を選定する。大ホールが1100席以上で、小ホール、展示系機能などについては、市民の要望をできる限り反映させるとい ...