徳島市のホール建設 JR四国社長、前向きに「協力」

JR四国の半井真司社長は29日の定例記者会見で、徳島市が予定する音楽・芸術ホールの建設地を徳島駅西側駐車場に決めたことについて、「協力していきたい」と述べ、地権者として前向きに交渉に応じる考えを示した。 徳島市は新ホールを2023年度までに開館することを目指し、3候補地から中心市街地の活性化が期待できる駅西側駐車場を選んだ。JR四国の半井社長は「にぎわいづくりや、鉄道やバスといった公共交通の利用促進になり歓迎したい」と指摘。そのうえで、敷地は事務所などとしても使用しているため「具体的な条件はこれから打 ...