札幌で大規模会議難しく ニトリホール来秋閉館

老朽化に伴い2018年9月に閉館する「さっぽろ芸術文化の館」(芸文館)のニトリ文化ホールを巡り、道内の観光関係者や行政機関が頭を悩ませている。地域への経済波及効果が大きい学会や研究会の会場として重宝されてきた同ホールの閉館により、その後の大規模会議開催の見通しが立たないためだ。関係者からは「ニトリショック」との声が上がっている。 学会など会議の運営を手掛けるコングレ(東京)の北海道支社は「芸文館は大規模会議の中核施設。このホールが無くなると、道内では5千人規模の会議の誘致が難しくなる」と打ち明ける。 ...