和歌山市、(仮称)市民文化交流Cは基本設計策定向け概要説明会を開催

和歌山市は、廃校となった伏虎中学校の跡地に新たな市民会館「(仮称)市民文化交流センター」を整備するため、基本設計の策定に向け、27日に基本設計(案)の概要説明会を開催する。基本設計策定後は実施設計に着手し、18年度から着工、21年度に市民会館の供用開始を目指している。 現在の市民会館は、79年に和歌山市七番丁(現在の市役所用地)にあった市民会館を、市制施行90周年事業の一つとして現在の場所に建設。開館から39年が経過し、老朽化も著しく、耐震性に課題を有しており、市民が安全に利用できる施設として整備する ...