新ホール建設地「駅西」決定 徳島市長「駅直結が魅力」

徳島市は24日、市中心市街地活性化推進本部(本部長・遠藤彰良市長)の会議を市役所で開き、新ホール建設地を徳島駅西側のクレメント平面駐車場を中心とする4866平方メートルの土地(寺島本町西1)に決めた。交通アクセスの利便性や中心市街地活性化への効果などから遠藤市長が決断した。市は今後、事業費などを検討して年度内にも基本構想案をまとめ、2023年度の開館を目指す。 会議には遠藤市長や第1、第2副市長ら市幹部10人が出席。新ホールを担当する尾崎覚理事が、駅西側駐車場を優先的に検討するよう求めた有識者会議の意 ...