【釜石】市民ホールの愛称募集 被災し移転新築中

釜石市は同市大町で建設が進む市民ホールの愛称を募っている。 津波で被災した市民文化会館を移転新築し、10月末完成を目指し工事中。鉄骨鉄筋コンクリート造り4階建てで838席の大ホール、208席の小ホール、スタジオなどで構成する。12月10日の音楽イベント「かまいしの第九」に合わせオープンする予定。 完成を控え、親しみやすく、未来への希望を感じさせる愛称を募集。意味が明解で発音しやすく、リズム感に富むことを重視する。採用者には記念グッズを贈り、三陸鉄道釜石駅で10月に行う予定の愛称命名式に招く。 応募は6 ...