御園座会長に小笠原氏 三菱UFJ出身「文化の灯消さない」

経営再建中の御園座(名古屋市)は十二日、メインバンクの三菱東京UFJ銀行の小笠原剛常任顧問(63)が代表権のある会長に就く人事を正式発表した。創業家の長谷川栄胤(よしつぐ)社長(51)は代表権のない副会長に就き、後任の社長には宮崎敏明常務(46)が昇格する。六月末の株主総会後に決める。 御園座が名古屋・伏見に建設中の新劇場は、来年四月に開業する。名古屋市内で記者会見した長谷川氏は「新劇場には新体制で望むべきだと判断した」と述べた。小笠原氏が中部財界と、長谷川氏は歌舞伎界とのパイプ役を務め、宮崎氏が公演 ...